ライムちゃんの事件

それは1/19の出来事でした。
昼休みに留守番中のベリーとライムに会った時、
もちろんいつも熱烈歓迎してくれる2匹ですけど
ライムはいつも私に飛びついてしがみつくし、
あちこちカリカリと噛むのです。

その日も抱っこした時に胸ポケットに入っていた
ボールペンやらをカリカリ噛んでいたのです。
んがっ、気づくとネームプレートがありません!
「えええ・・・・!」と思って
すぐにライムの口をこじ開け、指を突っ込んだのですが、見つかりません。

カリカリ噛んでいる様子も
むせている様子もないのですが・・・

ネームプレートはクリップでポケットにはめていただけなのです。
でもプラスチックで角があるし、
裏には安全ピンもクリップもついてる・・・ぞぉっ・・・
飲み込んでいたら、もしかして開腹手術????


獣医さんの診断を仰ぎました。

結果・・ネームプレートは飲み込んでいない。
だけど、このお腹はドライフードだけ食べてるようなお腹じゃない。
たとえば毛布の繊維とか・・と先生が言うので
「先生、草とかもですか?」
でしょうね、とのお答え。
そして、→の所は「石」でした。

庭に放していた時によく草はムシャムシャ食べているのですが、
あいかわらず石まで飲み込んでいるんだわ・・Oh,no!

繊維分の多いやわらかい大量のウン●で
それら異物を包み込んで出しちゃいましょう、って事で
治療用缶詰フードをもらって帰りました。

1日2回食から、4回食になったので
ライムちゃんはウハウハでしょう、毎回ガツガツ食べていました。

困ったのは、ベリー
ライムだけ食べてベリーはなし、って事なので
ベリーが散歩に出ている時に食べさせたりとけっこう神経使いました。

翌日の写真ではもう石はなくなっていました。

やれやれ・・・

で、ネームプレートはどこ?
いまだに行方不明です。
e0137731_16575420.jpg

[PR]
by berry_nonnon | 2009-01-23 16:57 | ビーグル犬

2007年1月生まれのベリー、2008年8月生まれのライム、さらに2013年5月生まれのマロンと3匹の女の子のビーグル犬達の日々のドタバタ日記。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30