JKC高知 2DAYS 前夜&一日目

夜中や早朝に車を運転すると眠たくなる、そしてフルフラットにならない車の私は前泊派です。

イギリスの著名なハンドラー&ジャッジである、リー ギブソン氏を招聘して開催された今回の競技会、前日に1度のセミナーも開催されました。

夕方には現地へ到着、駐車場への入り口がわからず、ウロウロー。

セミナー受講中の友達に着いた事を伝えて、一足お先にホテルへチェックイン。この前に、スーパーマルナカを発見したので、ワンコの為のカットフルーツと魚肉ソーセージをGETしました。

最大のお楽しみ、現地グルメは高知市内の居酒屋へGO!

昨年初めて食べて気に入った、カツオの塩たたき、そして去年食べられなかったウツボ料理に舌鼓を打ちました。


e0137731_12272812.jpg

e0137731_12272856.jpg

e0137731_12272920.jpg

e0137731_12272919.jpg

e0137731_12273027.jpg

競技会一日目、まずはライムちゃんのビギナー2から。

3個目のトンネルで迷走、すぐに戻って来ましたが、ハンドラー頭が真っ白に。
最後にトンネルでて、ハードル飛んでの所で、どっちのハードルだかわからなくなってしまいました。たったの14障害なのに。

すると、ライムちゃん、呼ぶ私をチラ見して、ジャッジのリー ギブソン氏に向かってシッポ振り振り飛んで行きました。
ま、マズイー、ギブソン氏に飛びつくライム、ギブソン氏はライムちゃんに私の方へと指示ーすると、戻って来たライムちゃんでした。おー、世界的に著名なハンドラーの指示を聞いたよ!!いや、違うか008.gif お恥ずかしい所をお見せしましたが、終始尻尾をピコピコ振り、楽しそうなライムでした。

e0137731_12273047.jpg

e0137731_12273124.jpg


ベリー、まずAG2から。ハードル飛んで、タイヤ飛んで、角度をつけてのスラ入り、やったことないわー。入れるの難しそうだ。案の定、タイヤを飛んで勢いが着いていたのでスラの入り口を素通りして、スラの番号札へー失敗1、CRはなくなったわけだから、思い切りスピードにこだわって走ろう、と決めた。タッチも止めず、自分でタッチゾーンを踏ませた。最後のAフレからの布トンネル、トンネルーハードルの所で、私追いつけませんで、ベリーは布トンネルの後、トラップのハードルを飛んで失格。まあ、仕方ないよね、気持ち良く走れて良かった。


次、JP2 ハードル、オーバーで次のハードルだけど、目の前には布トンネルがパックリと口を開けている嫌なコース。
出走前に、ベリーに、オーバーだからね、ハウスじゃないよ、と言い聞かせ、ベリーの位置、角度、私の立ち位置など気をつけたけど、トラップの布トンネルに吸い込まれ失格。

初日は久しぶりの3失格でした。

夜は南国市の居酒屋で、またまた地元の料理に舌鼓をうったのでありました。
[PR]
by berry_nonnon | 2014-03-12 21:34 | アジリティー

2007年1月生まれのベリー、2008年8月生まれのライム、さらに2013年5月生まれのマロンと3匹の女の子のビーグル犬達の日々のドタバタ日記。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31