マロンちゃん避妊手術受けました

e0137731_931333.jpg

e0137731_931440.jpg


嘔吐下痢事件はありましたが、回復ししたのでマロンちゃん予定通り避妊手術を受けました。

ベリーと同じ所でやってもらいました。

ライムは別の所で受けたのです。
犬仲間にレーザー使って傷跡もキレイだって聞いたし、家の近くに分院も出来たし、でそこへ行ってみたのです。
院長に見てもらい、お任せして迎えに行ったら、手術の日、院長は研修会とかで早くに病院を出ていました、なんか嫌な予感。

こういう予感は的中するのです。ライムちゃん、術後ピンピンしていたベリーと違い元気ないし、少し歩くとうずくまったり、明らかに痛がってます。
迎えに行った時は、この子痛がりですねーみたいな事を言われ、そーか??と疑問。

でも、どー考えてもおかしい、と連れて行ったら、即再手術。なんと、腹壁を縫合する時、大網を挟み込んていたんですね。挟まっていた部分はまだ壊死になっていなかった。あのまま放置していたらとんでもない事になっていたでしょう。一体だれがそんな雑な縫合をしたのやら。

と、言う事件があったので、マロンちゃんはベリーと同じ所にしたのです。

エリザベスはつけていなかったのですが、手術翌日午後、術部の絆創膏を剥がして口の中でくちゃくちゃやっていた為、我が家のエリザベス装着!

ベリーが中綿入りに刺激されたのか一度だけ襲いかかりましたが、ダメ!と一度注意したらやめました。

ライムちゃんは突然マロンが大きくなって見えた為か、逃げてます。

今のところ特に問題なく過ごしています。エリザベスを汚さずに器用にライムのンコも食べました。

早く抜糸していつも通りに過ごせるとイイね。
[PR]
by berry_nonnon | 2013-11-18 09:30 | ビーグル犬

2007年1月生まれのベリー、2008年8月生まれのライム、さらに2013年5月生まれのマロンと3匹の女の子のビーグル犬達の日々のドタバタ日記。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31