「ほっ」と。キャンペーン

やんちゃなビーグル犬達との暮らし


2007年1月生まれのベリー、2008年8月生まれのライム、さらに2013年5月生まれのマロンと3匹の女の子のビーグル犬達の日々のドタバタ日記。
by berry_nonnon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ライムちゃん、急性膵炎?闘病日記 その1

12/12
いつも通りに元気良く朝ご飯を平らげ訓練所へ訓練に。帰宅時も通常通り、ところが夕方突然の嘔吐、内容は胃液と朝食べたさつまいも(とは言っても約1cm角の大きさ)。夕食は欲しがったが、トッピングは嫌がりドライフードのみ完食。普通に寝た。

12/13
どうも朝から様子がおかしい。いつもなら私達が朝食をとりはじめると足元にやって来て、何かもらおうと伏せして待っているのに、寝ていたイスから全く降りて来ない。朝食のドライフードもダメ、リンゴもダメ、いつも舐めているヨーグルトもダメ、それではと、フードをお湯でふやかしてみたけど、ダメ、さらに山羊ミルクでフードをふやかしてみたが、これもダメ。ついに朝食を食べなかった。
ビーグルが何も食べない、これは重症ではないか
ライムはイスの上に丸まったまま全く動かない・・・

昼前、動物病院へ連れて行く。
血液検査、超音波検査、・・・・
先生に「異物を飲んだ可能性は?」と聞かれたが、思い当たる節がない。
体温、平熱、
血液検査では白血球は正常、AST65(0~50)、CRP2.65(<1.0)が異常値
正常範囲ではあるがリパーゼの値が高めであるので、念のため膵臓特異的アミラーゼを外注に出す
超音波では(Macのディスプレーで見せてもらった。カラードップラーだ)腸炎の所見あり、十二指腸は拡張し全く動いていない、その他はさして異常所見なし
水も食べ物もうけつけず、朝から尿も出ていなかったので皮下点滴
大腸炎だが膵炎の疑いもあり、との事で今日は絶飲絶食、明日からはふやかしたフードを通常量の1/3与えて下さいとの指示
バイトリル、他皮下注射2本 お会計28040円の所、アニコムで1万引き(ホッ)

帰宅後、飲み食いは制限するまでもなく全くしようとしない。
相変わらずお腹を抱えた感じで丸くなったまま
午後から仕事で不在で帰ってみたら
下痢ピ〜〜だったようで、ラグにも漏れてしまったとか・・
間に合わなかったようだ
夜も丸まったまま、ただ点滴をしたせいか、尿は出ていた

午前4時頃、急にイスから降りてウロウロとする
私の顔を見るとペットリとくっついて来た
これは、以前、避妊手術の時に大網を挟んでしまい、再手術になった時と同じだ
きっとどこか(多分お腹)が痛いに違いない
ライムを膝の上に乗せたまま、リビング床暖房の上でウトウトと夜を明かす。

12/14
ふやかしたフードを与えて良いとの指示だったが、全く欲しがらない
あいかわらず水も飲まない
昨日受診した分院の方は休みの日だったので本院へ連れていく
午後診開始直前3人目だ〜〜早く済みそうと思ったら
段ボール箱を抱えた女の人が飛び込んで来た
なんでも飼い猫が野良犬3匹にやられて瀕死の重症だと受付嬢に言ってる
急患処置で約1時間待ちぼうけ
こっちだって辛そうなのに・・・・ね・・・・外に出さないように気をつけようよ、ネコ。

CRP4.2 昨日より上昇
昨日の体重がどのくらいだか忘れたが、この日8.6kg
え〜〜っ、12/3に混合ワクチンを接種した時は9.4kgだったのに!
お腹を触ると力を入れているからお腹が痛いらしいと(やっぱり)
昨日と同じ点滴、皮下注をしてもしも飲めたらと言う事で
ガスター&プリンペラン処方
この日の夜は普通に寝てくれた(とは言ってもあいかわらずジッとしている)

12/15
ん?昨日までと違うぞ、朝から顔がシャキ〜ンとしている
イスから降りて、私達のまわりをウロウロしている
何かくださ〜い、って感じで
朝食は以前の指示通り、通常量の1/3をお湯でふやかして与えた
アッと言う間に完食、しかも未練タラタラでいつまでも食器をなめ回す
あいかわらずの軟便
少し元気が出て来たのと、ご飯を欲しがりだしたので、大丈夫かな?と思った
が、しかし、夕方嘔吐、胃液と朝食べたフードを全部吐いたらしい
動物病院へ再び連れて行った(3日目)

受診したらちょうど、膵特異的アミラーゼの検査結果が出たとの事
「ほんの少しですが上昇しています、と」
正常値が200まででライムは204
CRPは昨日よりさらに上昇していて4.7
これまでより強力な吐き気止めと抗生剤を皮下注射
「この吐き気止め良く効くけど痛いんですよ、ゴメンね」と言いながら注射すると
これまで何度注射されてもピクリともしなかったライムが
キャイ〜〜ンと声を上げて動いた、相当痛いに違いない。
「膵炎ですね、明日から皮下点滴ではなく、静脈点滴でお薬を投与しますので
 入院もしくは日帰り入院でやりましょう」
夜病院に置いておくのは可愛そうなので、日帰りを選択
朝連れて行き、点滴し2回お薬を投与、夜迎えに行くと言う案配

CRPの上昇傾向はあるものの頭打ちと言った感じ
(だって、CRPって1日遅れじゃん)
膵炎と言われても、なんか、イマイチ釈然としないけど
嘔吐していてモノが食べられないと言うのは困りものなので
指示通りすることにした。

食事は明日、日帰り入院中に欲しがるようだったら与えてみると言う事で
この日も絶食(体重8.5kg)

続く
[PR]
by berry_nonnon | 2011-12-27 00:51 | ビーグル犬
カテゴリ
以前の記事
リンク
人気ジャンル
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧