久しぶりの山の散歩



猛暑とベリーの病気とで久しく行ってなかったお山での散歩
2匹久しぶりに連れて行ってもらったみたいです。
(みたいです、と言うのは私が娘の学校のバザーの手伝いに行っている間に
 ダンナが連れていったので・・・)

ライムちゃんがグイグイとリードを引っ張っています。
ベリーはその後を付いていってますね。
シッポがピンと立っていて、タッタッと歩いています。

家の中でも2匹が以前のように暴れるようになりました。

まだ油断は出来ませんが、なんとか回復したようです。

馬尾症候群と診断されましたが、
多分「ハンセン1型椎間板ヘルニア 」によって脊髄を圧迫したんでしょうね・・・
ハンセン1型椎間板ヘルニアはダックス、コーギー、コッカ、ビーグルなどの
軟骨異栄養栄養性犬種に発症するもので、
2歳までに既に椎間板が変性しちゃうんですね・・
そして3〜6歳のうちに突然発症する、
そう、まさに突然発症しましたから。

でも、ドッグランで走り方がちょっとおかしいかな?って思った事とか
抱きかかえた時に「キャン」ってちょっと言ったりとか
足を洗う時に、同じく「キャン」って言った事とか
前兆はあったような気もしますが・・・・全て後の祭り

他の部位に発症する事もあるので気をつけなくては
とは言いましても、相棒のライムと相変わらず滑る床を走り回って(飛び回って)おります。
滑り止め対策として、カーペットは注文しました。
ただねぇ、オシッ●とかウン●とかをやっちゃうんじゃないか、と言う心配はあります。
(ベリーは外でウン●をする派なので、間に合わないと床の上にしちゃうんです)
それに囓ったり掘ったりもしちゃうんでは?

カーペットにいたずらをしたりそそうをする事があまりなかったら
次は東リパネルアタック350か800を敷き詰めようと思います。
さて、どうなりますやら・・・
[PR]
by berry_nonnon | 2010-09-14 00:24 | ビーグル犬

2007年1月生まれのベリー、2008年8月生まれのライム、さらに2013年5月生まれのマロンと3匹の女の子のビーグル犬達の日々のドタバタ日記。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31